« 春姫400年ぶりの里帰り。その2。名古屋城文化フオーラム主催 | トップページ | 「春姫400年ぶりのお里帰り、その4」 »

2014/12/15

「お尻をむけてすみませぬ。春姫400年ぶりのお里帰り、その3

136s
奈良での私の内緒の目的。小学生以来の東大寺。大仏様の鼻の穴と同じ大きさの柱の穴を通り「無病息災」のご利益を得たい、厄払いの目的で東大寺目指す。この柱は大仏殿の北東にあり、「鬼門」にあたる。奥に行くと幅が狭くなっている。思ったより、小さく細い。抜けられなかったらどうしょう?入るのをためらうが無事に成功すると、やれやれ。周囲の人々から拍手喝采。ああ、よかった!柱の穴をくぐる事で、大仏殿の邪気と一緒に厄払いができるのよ。
138s
こりゃあ、無理だわ。中はもっと狭い~。うぐっ!

139s
まっすぐでは抜けられない。身体をらせん状に回して。ジタバタ~。143s
よいこらせっと!
142s
やっと、潜り抜けられました。どや顔です  ねん。     どや、どや! やれば出来ると、小さな達成感 有りでした

|

« 春姫400年ぶりの里帰り。その2。名古屋城文化フオーラム主催 | トップページ | 「春姫400年ぶりのお里帰り、その4」 »

名古屋城文化フォーラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50511/58315207

この記事へのトラックバック一覧です: 「お尻をむけてすみませぬ。春姫400年ぶりのお里帰り、その3:

« 春姫400年ぶりの里帰り。その2。名古屋城文化フオーラム主催 | トップページ | 「春姫400年ぶりのお里帰り、その4」 »