« 熊川哲也の世界 | トップページ | 恒例・バーベキュー。 »

2013/11/07

吉村作治氏のエライところ

講演、TV出演、ステージ、執筆活動など、多方面に露出されていますが、そのギャラは立ち上がりから現在まで、すべて、「早稲田・エジプト考古学研究所」につぎ込み、「調査費用の捻出」、「後輩・弟子の育成」などの資金に費やされています。自分のフトコロに滞留することはありません。いつも、お聞きするたびに[偉い!]と思っています。万年ビンボー?・夢追い人間の「運命を味方にする生き方」の本が贈られてきました。今までの著作と、また、少し違った味わいがあります。
P1120970s

P1120971s
P1120968sP1120977s





|

« 熊川哲也の世界 | トップページ | 恒例・バーベキュー。 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50511/53922807

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村作治氏のエライところ:

« 熊川哲也の世界 | トップページ | 恒例・バーベキュー。 »